副業

副業×英語で中級者が月7-10万円稼ぐための具体的な戦略とは?


みなさんこんにちは、もっちゃんです!

今回は、このブログのコンセプトにもなっている「副業×英語」が稼げる件について解説していきたいと思います。

 

結論から言うと、「副業×英語」はめちゃくちゃ稼げます

英語レベルがネイティブレベルでなくても、月7万円は堅いと思ってもらって結構です。

ではこれから詳しく解説していきます。




「副業×英語」が稼げる理由について

では、なぜ僕がここまで太鼓判を押すのか、それは”英語を使いこなせる人材”の需要が依然高いからです。

世間では、「グローバル化の時代だ」と散々言われていますが、英語を話せる人の割合は依然低いままです。

 

もちパンダ
もちパンダ
国際語学教育機関「EFエデュケーション・ファースト」の調査によれば、日本人の英語力は全4段階中最も最悪の「低い能力レベル」に該当するとか…

 

この日本人の英語力不足は以前から指摘されていて、文部科学省も2020年度から小学校の段階で英語を必修科目とすることや、ICT(情報通信技術)を用いることを検討するほど、事態は深刻なようです。

このことからも分かるように、英語人材が不足する今、英語が使える人は高待遇が期待できるんです。

 

また、みなさんは高校の政経の授業で、「需要曲線」という言葉を習った記憶はありませんか??

こちらのグラフではが需要曲線です↓

このように、横軸(数量『ここでは英語を使える人の数』)の値が小さければ小さいほど、縦軸(あなたが得られる報酬)の値が大きくなる、つまり「大きく稼ぐ」ことが可能ということです!

 

教育現場がまだ本格的に英語を取り入れておらず、ライバルが少ない”今”こそ、「副業×英語」を実践することのできるチャンスなんです!

 

「副業×英語」で稼いでいくには戦略が必要!

さて、ここまで「副業×英語」は大きく稼ぐことができるというお話をしてきましたが、しっかり戦略を組んで副業に取り組まない限り、ずっと稼げないままです。

実は、僕も当初はこの”戦略”を知らなかったので、闇雲にやってしまった結果、約半年間を無駄にすることになってしまいました。

ですので、みなさんはこれからお伝えする”戦略”をしっかり実践してみてくださいね。

 

ちなみに、この記事ではあなたが”受注者”、つまりある個人や企業の下で副業をするという仮定で戦略をお伝えしていきます。

 

今は他人の元で副業しているけど、将来的にはそのノウハウを活かして自分でネットビジネスを展開していきたい!と考えている方は、こちらの記事も読んでみてくださいね👍↓

 

 

「副業×英語」で稼ぐには”信頼関係を築こう”!

まず1つ目の戦略が、「信頼関係を築くこと」です。

これを実践することにより、クライアント(発注者)からの報酬を多く受け取ることができるようになります

 

当然ですが、クライアントもビジネスをしているのであって、その一環として下請け(つまりその人の元で副業する人)を雇っているのです。

 

クライアント視点ではこのような図式になります。

当然、ここでクライアントは仕事のできない人10人に仕事を任せるより、仕事のできる人1-2人に仕事を任せたいと考えますよね?(ビジネス規模にもよりますが)

 

もちパンダ
もちパンダ
つまり、あなたがその1-2人に入る事ができれば、安定した報酬クオリティ維持のための上乗せ報酬を手に入れることができるんだ!

 

クライアントにとっても、1-2人と信頼関係を築いておけば毎回外注さんを雇うコストも削減できるのでwin-winの関係なんです♪

 

もっちゃん
もっちゃん
また、こんな感じでクライアントが考えていること(つまりクライアントのビジネスプランの展望)を学ぶのは、信頼関係を築いていく上で非常に大事になってくるんだ!

 

多くのクライアントが取り入れているビジネスプランを学ぶ方法は、下記の記事で紹介しているのでぜひご覧ください!

 

※記事はネットビジネスをしたいと思っている方向けの論調になっていますが、クライアントの思考を学びたい人にとってもかなり勉強になると思いますので、ぜひ。

https://mottyanblog.com/%e5%8a%a0%e8%97%a4%e5%b0%86%e5%a4%aa%e3%81%95%e3%82%93%e3%81%ae%e3%80%8e%e6%ac%a1%e4%b8%96%e4%bb%a3%e8%b5%b7%e6%a5%ad%e5%ae%b6%e8%82%b2%e6%88%90%e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%80%8f%e3%82%92

 

 

そして、肝心の信頼関係を築くには

・即レスを心がける

・納品期日を厳守する

・毎回クオリティを意識する

・コミュニケーションを大事にする

・クライアントの考えている事を汲み取り、コンテンツを修正していく

などを僕は心掛けています!

 

現在、僕はチャンネル登録者数10万人以上を抱えるYouTuberの方から、動画コンテンツの作成を依頼されています。

僕は当初からクライアントさんとのコミュニケーションを大事にしてきたので、今では初期の2倍のコンテンツ量を任されています。

報酬も当初の2倍ほどを得ています!

 

「副業×英語」で稼ぐには”複数案件をこなそう”!

次に、2つ目の戦略ですが、それは「複数の案件をこなす」ということです。

この戦略は、”リスクヘッジ”の意味合いが大部分を占めます。

僕も一度経験があるのですが、外国の企業で副業をしていた時に、突然

クライアント
クライアント

「エージェントからの連絡があり、当プロジェクトは本日24時をもって終了となりました。長らくありがとうございました。」

というようなメッセージが送られてきたことがあります(笑)

 

副業をしていた企業が海外企業ということもあったと思いますが、このご時世、このようなことが起こるのは珍しくないでしょう。

 

もっちゃん
もっちゃん
当時、リスクヘッジなんて言葉さえ知らなかった僕は途方に暮れましたので、みなさんは”リスクヘッジ”のためにも、お仕事は複数こなしておくのが良いと思います!

 

また別の意味としては、効率よく稼げる副業案件を見極めるためです。

初めは、クライアントが示す条件が良くて稼げる!ということが多いですが、次第に条件が厳しくなったり、ノルマが課せられるようになったりとクライアントの態度が変化する可能性もあります。

 

ですので、初めは複数案件をこなして自分に合った副業を探すのがベストかなと思います!

 

「副業×英語」で稼ぐには”海外企業で副業するべき”!

最後に紹介する戦略は、「可能であれば海外企業で副業すること」です!

これの一番の理由は、報酬が高く設定されているからです。

 

海外の先進国では、日本よりも物価が高い国が多いです。

つまり、同じタスク量であったとしても日本の企業で副業するのに比べて報酬が多く貰えます。

 

「でも海外企業の副業なんて聞いたことないけど、雇ってくれるところなんてあるの?」という声が聞こえてきそうです。

 

そこで、僕が実際に副業している海外企業をご紹介します!

それは「Appen」というオーストラリアの企業です!

詳しくは下記の記事をご覧いただければ分かるのですが、幅広いジャンルのタスクを通して情報を集めてAI等の開発促進に努めている企業です。

 

タスクはマニュアル通りに沿ってやれば簡単にできる単純作業にも関わらず、時給換算でなんと約2,000円を稼ぐことができるおいしい副業なんです!

ぜひ以下の記事を読んでみてくださいね!

時給なんと2000円!?副業でAppenの在宅ワークをしてみた!意外と知られていない時給約2000円のAppenの在宅ワークを紹介! 大学生でもできる副業であり、バイトよりも稼げます。...

まとめ

副業×英語」で稼いでいくために色々なことを紹介してきましたが、いかがでしたか?

英語が使えるというだけで、副業の選択肢が他人と比べてぐっと増えますので、ぜひこの記事を参考に検討してみてくださいね。

 

最後に、僕が「副業×英語」で稼いでいくために挙げた3つの戦略をもう一度見直してみてください!

 

これだけは絶対に持ち帰ってくださいね👍

それでは!

追伸

英語での副業は、今回紹介した手法だけに留まりません。

英語のスキルを活かして自分から仕事を取っていくことで、より収入の幅が広がります。

LPを通じた自社商品・サービスの販売を検討されている方は、こちらの記事が参考になりますので、ぜひご覧下さい。

ABOUT ME
shun0131
大阪大学を卒業し、現在はライターとして活動しているもっちゃんです。 複数サイトの運営経験や、登録者数12万人のYouTubeチャンネルでのライター経験を活かし、文章で稼いでいく方法を発信しています。 趣味は映画・音楽鑑賞や国内・海外旅行など。