SNS・Webサービス

TikTokを副業にして稼ぐ方法!アフィリエイト・広告収入も?

TikTokを副業にして稼ぐ

TikTokで稼ぐ方法【5選】

TikTokライブ投げ銭機能

TikTokライブとは、TikTokに実装されているライブ配信機能のことを指します。

「ギフト」という形で視聴者から投げ銭を貰うことができ、PayPalアカウントと連携しておけば、銀行口座にお金が振り込まれるようになっています。

ゲーム実況や生歌演奏などをしている方が多く、一般人でも稼ぐことが可能です。

YouTubeに誘導して広告収入を得る

YouTubeに誘導して、YouTubeの広告収入で稼ぐという方法もあります。

フォロワーが1,000人を超えれば、プロフィール欄にURLを貼ることができるので、YouTubeへ誘導・収益化することができるのです。

これはTikTok内でのマネタイズ方法ではありませんが、すでにYouTubeチャンネルが育っている方にはおすすめです。

企業案件

フォロワーが増えてある程度影響力が付くと、企業からインフルエンサーとして案件を貰うこともできます。

企業広告への出演や商品のPRなど、様々な形があります。

企業案件の報酬額は高めに設定されていることも多いので、一度にまとまった収入を得ることができます。

アフィリエイト

副業でTikTokをしたい方には、こちらが主なマネタイズ方法になるでしょう。

まず、紹介したい商品をASPで選び、その商品・ジャンルに関する情報発信をしてフォロワーを集めます。

そして、集まったフォロワーに対して商品を販売することで、アフィリエイト報酬を得るという形です。

もっちゃん
もっちゃん
私の肌感ですが、TikTokアフィリエイトでは1アカウントで月5~10万円ほど稼ぐことが可能です。

また、ノウハウを活かして複数アカウント運営し、月30万円稼いでいる方もいらっしゃいます。

自社商品販売

TikTokで一番稼げるのが、この「自社商品販売」です。

商品設計からコンセプトの策定、教育などを一貫して行うことができれば、大きく稼ぐことも可能です。

ただ、こちらは難易度が高く、商品に対する責任も負う必要があります。

ついにTikTokで広告収入を得ることが可能に?

そして、上記で紹介した方法以外でも、TikTokで稼ぐことができるようになるかもしれません。

それは「TikTok内での広告収入」です。

2022年5月、TikTokは「TikTok Pulse」を発表し、10万人以上のフォロワーを持つユーザーを対象に、広告収益を分配することを発表しました。

つまり、YouTubeのように広告収入で稼ぐことが、TikTokでも可能となるのです。

現在はテスト段階であり、フォロワー数も10万人以上という制限付きですが、ゆくゆくは条件が緩和され、誰もが広告収入を得ることができるでしょう。

もっちゃん
もっちゃん
広告収入が実装される時に備えて今からアカウントを育てておけば、先行者利益をしっかり取れるはずです。

TikTok攻略サロンに参加した結果

私も現在、TikTokを副業で運用しており、アフィリエイトでマネタイズしています。

ただ、始めた当初は動画が伸び悩み、「バズる」こともありませんでした。

動画の投稿頻度を増やしたり、内容を変えたりしても効果はゼロ。

しかし、あるTikTok攻略スクールに参加したことで、動画の再生数を大きく伸ばすことができたのです。

これがその証拠写真です。

※ニッチなジャンルを攻めているので、内容はモザイクにさせていただきます🙇

ほとんどの投稿で1万再生を超えていることが分かると思います。

ちなみに、すべての投稿が「顔出し無し・声出し無し」です。

全18投稿の再生数をまとめてみるとこんな感じです。

・50万再生以上…2本

・10万再生以上…3本

・1万再生以上…10本

・1万再生未満…3本

TikTokは動画単体で評価されるので、一つ一つの動画のクオリティーが再生数に直結します。

もっちゃん
もっちゃん
インスタのようなアカウントパワーも無いから、攻略法を知っていれば、初心者でもバズらせることができるんです。

このように、初心者の一人に過ぎなかった私でも、「バズ」を量産することができました。

その時に大変お世話になったのが、TikTok攻略スクールの「TTラボ」です。

気になる方は、ぜひ下のリンクから覗いてみてくださいね。

TTラボに参加する

ABOUT ME
shun0131
大阪大学を卒業し、現在はライターとして活動しているもっちゃんです。 複数サイトの運営経験や、登録者数12万人のYouTubeチャンネルでのライター経験を活かし、文章で稼いでいく方法を発信しています。 趣味は映画・音楽鑑賞や国内・海外旅行など。